【高校2年生】現役医大生達がすすめる数学の参考書・問題集

医学部受験

はじめに

現役の医大生に数学の参考書で何を使っていたのか、そして何で偏差値が伸びたと感じたかについて調査してみました。

また、現在の数学の得意、不得意に応じておすすめする参考書が変わってくるのでレベル別にまとめてみました!

医学部入試における数学について

傾向

医学部入試での数学としては多くの大学では比較的簡単な問題を素早く、正確に、多く解くことが求められ、数学で差をつけるには正答率が80%程度、数学で足を引っ張られないようにするには正答率が60~65%程度が目安になります。また、上位校(日医など)では数学が難しい傾向があります。

対策

日医などの数学が難しい大学を志願する場合においても、数学の基礎が重要であり、基礎が完成してから様々な公式を組み合わせることができるようになり、最終的には発展問題が解けるようになります。

そのため、数学が受験レベルまで仕上がっている学生以外は基本的に、数学の基礎となる物を完璧にすることが求められます。

その後に、上位校を目指す人は基礎が安定してから発展問題を解き、問題の経験数を増やしたり、過去問を通じて発展問題への対応力を培う必要があります。

おすすめの問題集【レベル別】

塾講師でこれまで20人以上の医学部受験の生徒さんを受け持ち合格させてきた経験から学年と偏差値で分類し勉強方針について書いていますが、進度が早い場合は1つ上の学年も見てみたり、偏差値が上の方向けの内容を読むなどして総合的に判断していただけたらと思います。

偏差値が65以下の高校2年生

問題演習量が少なく、計算が遅かったり公式を正しく使いこなせていない場合が多い。そのため、網羅系の問題集を演習することを推奨します。

基本的には青チャートを勧めるが、内容が難しいく、わからない問題が多い場合では黄チャートに変更することも考える必要があります。また、他の科目の関係でどうしても時間が取れない場合には最終手段として標準問題精講をおすすめします。

青チャートⅠA・ⅡB

勉強の方針となる、基礎の徹底、問題の経験数を増やすの2点を行うのに最適な参考書。基礎から医学部入試で出てくるような問題までカバーしている。この本の内容で医学部入試の8割程度の内容はカバーできており、残りの2割はほとんどの受験生と同様に初めて見るような問題となるが、青チャートの内容を発展させることで対応可能。青チャートを完璧にしてから大学の過去問演習などにも移行でき、非常におすすめ

数学は基本的に青チャートでやっていました。

問題数が多いので例題を答えを隠して解き、効率よく回していました。

思い入れの深い参考書です。

問題も良問が多く、医学部入試で出てくる問題を概ねカバーしています。

入試までに5周から6周はやっていたと思います。

青チャートの演習ノートを活用しよう

青チャートでは演習用ノートが販売されており、効率よく演習することができるためぜひ一緒に購入しておきたい。

黄チャートⅠA・ⅡB

勉強の方針となる、基礎の徹底、問題の経験数を増やすの2点を行うのに最適な参考書です。青チャートよりは問題の難易度が下がり、1周を回すのにかかる時間が少なくなると思います。

この問題集で中堅校程度であれば対応可能だと思います。(他の科目にもよりますが)

数学が苦手、数学にかける時間を減らしたい、早く1周終わらせたいといった場合におすすめです。

標準問題精講

この問題周は高校3年や浪人生でも使っている人がおり、医学部入試でよく出てくる押さえておく問題が多く掲載されています。標準の方は所々むずかしい問題もありますが、良問ばかりです。

特に私がこの問題集をおすすめする理由が2つ

1つは問題集の量が少なく。他の問題集よりも回しやすく取っ掛かりには最適。経験的にはこの問題集が多くて途中でやめてしまう人は少ない。

2つ目は典型的な問題がちゃんと網羅されている点。いわゆる数学界の名問を解くことができる。

偏差値が65以上の高校2年生

偏差値65というのは医学部に合格するにあたり1つのボーダーラインとなります。このボーダーを超えられているため、現在の勉強は悪く無いと思います。今後の方針として合格を確実なものとするために問題演習量を増やし経験を積み、数Ⅲを早期から始め、数学を得意科目とすることが挙げられます。

そのためには、青チャートの数Ⅲの問題をこなしながら、青チャートの1A・2Bも平行して回していくことがおすすめです。青チャートの1A・2Bは入試までに少なくとも3~5周するのが理想です。

また、数Ⅲが完成したら、1対1対応の数学 数Ⅲを回すと様々なテクニックが身に付くためおすすめです。

青チャートⅠA・ⅡB・Ⅲ

勉強の方針となる、基礎の徹底、問題の経験数を増やすの2点を行うのに最適な参考書。基礎から医学部入試で出てくるような問題までカバーしている。この本の内容で医学部入試の8割程度の内容はカバーできており、残りの2割はほとんどの受験生と同様に初めて見るような問題となるが、青チャートの内容を発展させることで対応可能。青チャートを完璧にしてから大学の過去問演習などにも移行でき、非常におすすめ

青チャートの演習ノートを活用しよう

青チャートでは演習用ノートが販売されており、効率よく演習することができるためぜひ一緒に購入しておきたい。

1対1対応の数学 数Ⅲ

数Ⅲの分野は医学部入試でよく出題され、合格する人は必ずと言っていいほど正解してくる分野である一方で他の受験生と差が付きやすい分野でもあります。そのため、数Ⅲの医学部受験レベルに特化して対策しておくことは重要となります。また、この本では様々なテクニックが載っており、私もそのテクニックを利用して解いた入試問題がいくつも有りました。

そのため、数学を武器にするのであれば是非一度は解いておきたい問題集です。

タイトルとURLをコピーしました