現役医大生達がすすめる数学の参考書・問題集【レベル別】

医学部受験

おすすめの問題集【レベル別】

塾講師でこれまで20人以上の医学部受験の生徒さんを受け持ち合格させてきた経験から学年と偏差値で分類し勉強方針について書いていますが、進度が早い場合は1つ上の学年も見てみたり、偏差値が上の方向けの内容を読むなどして総合的に判断していただけたらと思います。

高校1年生

高校2年生

高校3年生

はじめに

現役の医大生に数学の参考書で何を使っていたのか、そして何で偏差値が伸びたと感じたかについて調査してみました。

また、現在の数学の得意、不得意に応じておすすめする参考書が変わってくるのでレベル別にまとめてみました!

医学部入試における数学について

傾向

医学部入試での数学としては多くの大学では比較的簡単な問題を素早く、正確に、多く解くことが求められ、数学で差をつけるには正答率が80%程度、数学で足を引っ張られないようにするには正答率が60~65%程度が目安になります。また、上位校(日医など)では数学が難しい傾向があります。

対策

日医などの数学が難しい大学を志願する場合においても、数学の基礎が重要であり、基礎が完成してから様々な公式を組み合わせることができるようになり、最終的には発展問題が解けるようになります。

そのため、数学が受験レベルまで仕上がっている学生以外は基本的に、数学の基礎となる物を完璧にすることが求められます。

その後に、上位校を目指す人は基礎が安定してから発展問題を解き、問題の経験数を増やしたり、過去問を通じて発展問題への対応力を培う必要があります。

タイトルとURLをコピーしました