医学生が契約すべきオンラインストレージ

IT

なぜオンラインストレージが必要なのか

医学生の多くはipadなどをしようした勉強法が主流となり、多くの教材がipadの中に入っている。そのため、ipadの急な故障などによるデータの損失などのリスクがある。そのため、教材などのデータは基本的にオンラインストレージ上に保存しておく方が安全。

実際に6年生の先輩が国試の勉強中に急にipadが動かなくなり、データを損失した話を聞いたことがあります。

オンラインストレージで注意する点

GoodNoteのバックアップができるか

医学生の多くの人が使用するgoodnoteでデータを同期・バックアップできるものは決まっています。

今回はGoodNoteのデータのバックアップができることが必須条件とし、4つのオンラインストレージサービスを比較していきます。

・icloud

・Drop box

・Google Drive

・Onedrive

通信速度

オンラインストレージのメリットであり、デメリットであるのがデータを手元に置くことができない点にあります。データを手元に置かないことで故障の際などでもデータの損失などが起きなくなるメリットがある一方で、データをダウンロードしないと使うことができないデメリットがあります。実際GoodNoteでまとめなどを作成していると1つのまとめで0.4GBに行くこともあり、オンラインストレージを快適に使用していく中で通信速度は大きな鍵を握ります

icloud

apple製品との相性は抜群。その一方でアップロード、ダウンロードの速度は遅い。

パソコンやスマホがアップル製品ならあり。

日本 (JPY)
50 GB:¥130
200 GB:¥400
2 TB:¥1300

iCloud+ のプランと料金
iCloud にサインアップすると、自動的に 5 GB の無料ストレージが使えるようになります。iCloud ストレージをさらに増やしたり、特典機能を使いたい場合は、iCloud+ にアップグレードできます。

Drop box

通信速度早い。実際、周りでDropBoxを使用している人も多く、共有機能が優秀なため友達と過去問の共有などに使用するために購入しているケースがメイン。容量も多く6年間を考えても困ることはないと思われる。

2 TB:¥1200 (公式価格)

公式から買うよりもソースネクストで買ったほうが安い!

公式代理店から3年間まとめ買いをすることで公式と同じ2TBを9,240円安く販売しています。また、最安ご購入保証がついており、他社の方が安かった場合差額を返金してもらえます

Google Drive

通信速度は速い。料金プランも多くちょうど良いものを選びやすい。また、Windows,Mac,android,iphone,ipadのそれぞれにアプリやソフトが存在し使用しやすい。

ただ、やや共有の反映が遅く、大人数でしようすると一時的にダウンロードができなくなることもあり。個人で使用する分には問題ない。

容量金額(月額)
15GB0
100GB250円
200GB380円
2TB1300円
Google Driveの費用(2022/02/27時点)

Onedrive

大学で配布されることがある。通信速度もそれなりに早いが、onedriveで友達と過去問を共有すると通信量が多く、アカウントが止められる(経験談)。過去問を共有するならDrop boxの方が良い。大学から配布されている人なら個人利用として使用するならあり!


100 GB:¥224
1 TB:¥1000

OneDrive クラウド ストレージ プランの比較 | OneDrive の料金プラン
家庭向けまたはビジネス向けの OneDrive の料金プランを比較してください。無料のクラウド ストレージ プランを利用することも、Microsoft 365 で OneDrive のプレミアム機能を用いてファイル共有することもできます。

どれがいいのか

個人で使用するのであれば

Google Drive

がおすすめ

みんなで過去問などを共有するのであれば

Drop Box

がおすすめ

タイトルとURLをコピーしました